第14回ぱぷりこの勝手に応援所-結婚のお悩み-

こんぱぷわ。相談者さんのお悩みを勝手に分析し解決策を提示するウルトラお節介なコラムを書きます。今回は婚活中の33歳女性、匿名さんのお悩み。仕事を頑張ってきて一息ついたので婚活中。いい出会いはあるか…?とのご相談です。

・独身の33歳女性、婚活中
・今まで仕事をがむしゃらに頑張ってきた
・悩みながらも目の前の仕事に打ち込み、乗り越えてきた
・仕事はやってきてよかったと思っている
・2016年はゆとりを持った生活をしたい
・今年こそいい出会いを得るために婚活を始めた
・今後、ご縁のある相手に会えるかどうか

私は33歳独身です。これまで仕事に精を出し、がむしゃらに働いてきました。これでいいのかなと自問自答する日々も感じながら、それでも、目の前にあることを一つ一つ乗り越えてきたという感じです

N112_kuturuguhitotachinoshiruetto_TP_V1

20代は仕事に打ち込んできた女性が30代になって婚活を始めるバリキャリ女子は多いですね。私の周りにもいっぱいいます。匿名さんのようにやりきったという心の区切りがひとつついて心の余裕ができた時はいい時期です。というわけで、今回のテーマは「バリキャリの婚活」!ぱぷぱぷ応援しますよー!

で、本当に結婚したいの?

はい、では最初に一番大事なことを質問します。一番大事なことは「いいご縁のある相手に出会えるか」…ではないっ!!!全然違いますっ!!!

本当に、マジで、結婚したいのか?
婚姻届に名前を書き書いてもらって提出して婚姻関係を持続させる意思があるのか?

匿名さんは「いいご縁があればいい」と書いていますが、これはバリキャリ女子の頻発言霊「いい人がいれば結婚したい」の亜種です。そしてこう言う「条件つきの結婚願望」は婚活では非常に不利です。

なぜなら「本気度が違う」から。「もしいいクライアントがいたら予算を達成したい」というゆるふわ営業より「絶対に今期末までに予算を達成する!」という営業の方が目標達成するに決まってます。モチベーション、戦略、行動、分析、反省、改善、すべてが桁違い

しかしなぜか仕事をバリバリこなしてきたバリキャリ女子が、婚活になると「マーケティングの仕事がしたいんで、外回りとか無理ですう」というゆるふわ新人になることが多くておののきます。匿名さんの発言からも、ゆるふわスメルを感じました。なんていうか、エネルゲイアが足りない。婚活ガイアが脈動してない。

「良いご縁」教はカジノだと心得よ

本気なのかな?と思った理由は「いいご縁」という言葉です。この言葉、すっごく日本的だと思うんですよね。英語に翻訳してみるとわかるんですが、「ご縁」というたった3文字に、明らかに3文字以外の概念が突っ込まれている。何か自分の意思以外の何か、別の大いなる意思のようなものが、あなたと私を引き寄せフレミングの法則で出会わせた、みたいな、そういう「他力本願」の感覚です。

確かに人との出会いは運もあります。しかし、運だけではない。運を上げるための確率や戦略が存在します。

しかし、「ご縁」という自分以外のものに全力で体重をかける婚活は、はっきり言ってただの博打です。お金はかかるけど、成果は一向に得られない婚活は、往々にしてこの「いいご縁教」にどっぷりはまっている可能性があります。

ご縁に全権委任すると、結婚が遠のく

「良いご縁」教の危険性はもう一つあります。婚活がうまくいかなかった時、自分の反省に向かわず「運が悪かった」「ご縁がなかった」となり、事態が一向に改善しなくなる恐れがあるからです。

仕事でどんなに営業をかけても契約が取れない場合、「ご縁がなかった」だけでは済まされません。確かにタイミングと運はある。縁もある。だけど、それだけじゃない。説明しよう、相手へのベネフィットの訴求、話し方、価格など、自分で改善できることはたくさんあるはず。婚活もまったく同じです。

ですがまず「ご縁」「良い出会い」を重視すると、内省に向かわないため、いたずらに時間とお金を使い、最終ゴールである「結婚」は遠のきます。結婚したかったのに、なぜか自分の運試しになっている。これはいただけません。

結論。「自分の本気」を確かめる&戦略を立てよ

婚活は、良い出会いを求めるものではなく、結婚することが目標です。ならばまず、「いつまでに結婚し、何歳で第1子を産むのか」といった、ゴールの策定から入りましょう。ゴールが決まれば、逆算して「いつまでに出会い、いつまでに付き合い、いつまでに結婚の意思を確認する」かも決まります。

スケジュールのない婚活は、カジノです。掛け金は自分の人生。ルーレットを回しまくっていたら、いつかは目標である「結婚」に当たるかもしれない。でも、人間の財産と時間は有限です。だからスケジュールが大事なのです。

バリキャリの皆様におかれましては、その高い仕事能力をぜひ婚活でも生かしてほしいです。婚活で自分は新人でありハンデがあると認識し、確度を高める行動をしましょう。仕事が楽しい、と言える匿名さんにはそれができると思います。応援しています!

私は33歳独身です。これまで仕事に精を出し、がむしゃらに働いてきました。これでいいのかなと自問自答する日々も感じながら、それでも、目の前にあることを一つ一つ乗り越えてきたという感じです


結婚の悩みをもっと読む

ぱぷりこ
801594d2fba0105fa98f4017f32b894e
 
恋愛ブログ『妖怪男ウォッチ』の中の人。妖怪男女にやたら遭遇するアラサー撒き餌女子。女子会では「ぱぷりこは私の占い師☆」という評価を得ることが多い。
Twitter:@papupapuriko。
http://papuriko.hatenablog.com/