がんばってきたあなたへ贈るトイアンナの「生きづらさ」診療所 87
著/トイアンナ

こんにちは、トイアンナです。毎年この時期になると「新年の抱負」を語ることになりますが……そもそも2017年1月に立てた抱負、覚えていらっしゃいますでしょうか。私は自分がどんな目標を立てたかすら覚えていません。着実に達成した方はすごい!と思う一方で、ほとんどの方にとっては抱負を立てるほど重要な目標って、そうないんじゃないかと思います。

TSURU170308-080_TP_V

未来よりも、過去の自分をほめてあげて

毎年目標を立てても「できなかった」と落ち込むだけ。それなら逆に2017年で「できたこと」を探してみませんか? といってもすさまじい成果が欲しいのではありません。ささいな、日常のことでもいいのです。

たとえば、
・ 野菜を食べるようにした
・ 会社を早退しなかった
・ たまに自分を休ませてあげた
・ 彼に「NO」を言えた
・ 好きなドラマを見逃さなかった
・ 友達を新しく2人作った

こんな風に、自分の中で「やった!」と思えたことを3つ書きだしてみましょう。ひとつひとつはささやかな努力かもしれません。けれど実はどれも、すごいことです。毎年友達を2人増やしたら、人生残り40年としても80人の友達が作れます。自分にたまの休みをきちんとあげたら、60代になってからの体調不良が激減することでしょう。

「起業」「年収アップ」など派手な成果はカッコイイ反面、永続するものがありません。また、人と比較して出した成果はライバルを常に気にしなくてはならないでしょう。それよりも「自分比」でよかったことを書き出してみてください。あなたを採点するのは世間ではありません。あなたの主観です。自分なりにできたことを「よくやった!」とほめてあげてください。

停滞した1年もまた、大事な1年です

とはいえ、今年は「停滞の年」だった方もいらっしゃることでしょう。鬱々と寝込んだだけで終わってしまった……と後悔されるかもしれません。けれどそれはきっと、人生というスパンで見たら必要な休暇の1年だったはず。停滞もまた正しかったのです。「2017年はゆっくり休むべき年だったんだ、私は達成できたんだ」と褒めてあげてください。

そして余力があるなら「2017年できたこと」を手帳の最終ページや、カレンダーにでもメモしておきましょう。いつか振り返ったとき「この時も無駄じゃなかったんだ」「私、結構がんばってたじゃん」と振り返れるからです。温かな気持ちで、よいお年をお迎えください。

トイアンナとは?
人気コラムニスト, ライター。ブログ『トイアンナのぐだぐだ』をはじめ、人の生きざまを分析する文章でファンを獲得し月間50万PVを記録。
http://toianna.hatenablog.com/