saiaisaisyoku




彩愛菜食(さいあいさいしょく)

 新年度の始まりとともに、お弁当作りがスタートするという方もいるはず。せっかく作るなら、運気がアップするお弁当にしてみませんか?

 まずは、お弁当箱の形に注目してみてください。一番オススメなのが楕円形のお弁当箱。角がないことから“角が立たない”という意味合いもあるし、円=縁を表すので、集団生活の中で上手に人付き合いができるようになると思います。

お弁当を包むナプキンですが、食欲を増進させてくれる黄色やオレンジなどカラフルな色を選ぶといいでしょう。またダイエットをしている、たとえばメタボの旦那さんや(笑い)、年ごろの娘さんがいらっしゃるなら、食欲を落ち着かせるブルーのナプキンなどが○。

 お弁当の中身には毎日頭を悩まされるでしょうが、冷凍食品ばかり詰めるのはあまりオススメできません。ご自分もお仕事をしていて忙しい場合は仕方がないと思いますが、前日の夜ごはんの余りでもいいし、何か手作りのものを1品は入れていただければと思います。
つまり愛情を込めてほしいんです。だって、お弁当箱を開いたときに買って来たものばかりが入っていたらやっぱり寂しいですよね。冷凍食品を使っても、少し手を加えて工夫してみてください。手を加えるということは、愛情を加えることにもなるのですから。

 そして、おかずによって開運を呼び込むメニューがあるので参考にしてみてください。私が子どものためにお弁当を作っていたころ、必ず作っていたのが卵料理。
炒り卵にしたり、卵焼きや目玉焼き、ゆで卵など調理の仕方を変えながら毎回、入れていました。卵は栄養もあって彩りが華やかになるし、生み出すという力もある食材です。だから、特に学生の場合はたくさんのことを吸収して、常に新しい自分になってほしい。そんな願いを込めて、卵料理を入れてあげてください。

また、旦那さんの昇進やお給料アップを願うときは卵でとじたカツ重などいいですね。子どもの部活を応援したいときは、運動部の子どもなら、焼き肉に赤や黄色のパプリカを入れてパワーが出るようなおかず。文科系の部活をしている子どもには焼き魚などがいいでしょう。子どもの勉強運アップを応援したいときは大豆がたくさん入ったひじき煮などがオススメです。ただ、お弁当作りに一番大切なのは先ほども言ったように愛情です。愛を込めて彩り豊かなおかずを詰めたお弁当を食べさせてあげてくださいね。

 ここまではお弁当を作る側のお話をしてきましたが、作ってもらう人にもひと言、伝えておきたいことがあります。“作ってもらって当たり前”じゃなくて、ときには感謝の言葉を伝えましょう。そうすると、作るほうも、もっとおいしいお弁当を頑張って作ってあげたいと思えますから。そして、感謝の気持ちを働くことや勉強することで見せてあげてください。


今、注目のみよこ先生の鑑定はこちら!

胸が苦しいほどの片想いの先にある結末~あなたの幸せの行方

---

みよこ先生は、東京都府中市在住の霊能者/占師。
その霊能力は各方面から高く認められている。
国内からの鑑定依頼はあとを絶たず、リピーターの数の多さでも有名である。
週刊女性本誌にて好評連載中!

http://www.jprime.jp/
---