191226_cwa (1)

こんにちは、古山エリーです。


今年も残すところあと数日。としの瀬、いかがお過ごしですか。

来たる2020年はどんな年になるんだろう? どんな年にしようかしら? と考えるのはとてもワクワクしますが……

その前に!

恋の悩み、仕事の悩み、漠然とした将来の悩み、

たくさんの悩みを先生方に聞いていただいたので、今年の“お悩み”を来年繰り返さないよう、想い出に残っている鑑定ベスト5と共に今年をふり返ってみようと思います!







第5位 「相手は自分の鏡」本音から開く生涯のパートナーと出会うルート

ogushi 岩谷 幸枝 先生
【占術】
タロット、スピリチュアル・リーディング、オラクルカード
【得意なジャンル】
恋愛総合、不倫、結婚総合、人生総合

<悩み&先生を選んだ理由>
2019年の秋はいい出会いがあるということだったので、それを最大限に活かしたいと思い、春頃は婚活を頑張っていました。でも全然うまくいかなくて……。その理由が何なのか知りたくて、岩谷幸枝先生に相談しました。プロフィールやコメント欄ももちろん参考にしていますが、先生の優しそうな横顔に一目惚れ!でした。


<相談して印象深かったこと>
なぜ婚活がうまくいかないのか、その根本的な原因を優しく指摘してもらいました。当時の私はあれもしなきゃ、これもしなきゃ、○○しなきゃって、心に余裕が全然なくて──なので「心を労ってください」「日常生活のなかにゆっくりとした時間を取り入れて」というアドバイスがすうっと心に沁みて。なんて荒んだ生活をしているんだってハッとしました。


<鑑定後の変化>
鑑定後は、花を飾る、読みかけの本を読む、リラックスできる時間を少しでも作るように。時間がないと嘆いたりバタバタしたりするのではなく、時間を作ろうとすることで変わるものなんですね。寝る前に読みたい本を読むのは至福の時間。今は、ある素敵な女性から薦められた『ずっとやりたかったことを、やりなさい。』(ジュリア・キャメロン著)という本を読んでいます。



\ 岩谷 幸枝先生の鑑定の様子はコチラ/
6091cf50



4位 夏を振り返り、未来へ進む!直感型恋愛の注意点と運命の人の見極め方

ogushi 月森 涼慈 先生
【占術】
霊視・オーラ、タロット、スピリチュアル・リーディング
【得意なジャンル】
恋愛総合、不倫、運命・転機、友人・クラスメイト



<悩み&先生を選んだ理由>
月森涼慈先生はずっと気になっていた先生で、一度、占ってもらいたかったんです。というのもプロフィールに「元々はエクソシスト、祓い屋です」ってあるんですよ! もう、その一文を目にしてからずっと気になっていて。霊感霊視でみえたことを伝えてくれるということだったので、相談はシンプルに「恋愛においてこれからどう行動していけばいいのか」というものでした。


<相談して印象深かったこと>
ズバッと言い切ってくれる、気持ちのいいアドバイスばかりでした。「数奇な運命、もしくは特殊な能力、もしくは人と変わった性格や性質を持ち合わせている」と言われたときはびっくりしましたが、「無理に恋愛をする必要がない運命に感じます」「思った道をお進みなさい」など、どの言葉もすごく納得できましたし、しっくりきました。


<鑑定後の変化>
これまでは、年齢とか、世間体とか、周りの目とか、気にしていないつもりでもやっぱりどこか気にしていて。でも、月森涼慈先生の突き抜けたアドバイスのおかげで、自分は自分!と他人と比較しなくてもいいと思えるように。それから「ホントの運命の人はそれを突き抜けてきますから」このひと言も強烈でした! 


\ 月森 涼慈先生の鑑定の様子はコチラ/
d9267ca1




3位 不運続きな過去の恋に打ち勝つ!2019年、残り2ヶ月の過ごし方

ogushi 深田 サイコ先生
【占術】
タロット、心理学、その他・オリジナル
【得意なジャンル】
恋愛総合、運命の出逢い、人間関係・家族・友人、事業・独立・開業




<悩み&先生を選んだ理由>
2019年の秋は出会いがたくさんあると言われていたのに、気づけばあと2ヶ月……という焦りから深田サイコ先生に相談しました。心に疲れが出ている時だったので、先生のプロフィールにある「心理学的アプローチで解決に迫ります」というひと言も相談してみたいと思った決め手です。


<相談して印象深かったこと>
もう乗り越えたかな……と思っていた恋愛のトラウマをずばり言い当てられました。そして、そのトラウマから解放される時、乗り越える時がまさに今年なのだと。そして解放するのは自分自身。「私は悪くなかった」と確信することで、解放されるのだと。先生の言葉はどれもあたたかくて、相談しながら泣いてしまいました。


<鑑定後の変化>
自分で自分を解放してあげると同時に、なぜ前回そのような男性を選んでしまったのかを内観することも大切。深田サイコ先生とのやりとりのなかで、私は夢に向かっている人を好きになる傾向にあると思っていましたが、その“人”ではなく、その人が持っている“夢や目標”に惚れていた、その人自身を見ていなかったことに気づきました。かなり大きな気づきでした!



8bcc2cc0




第2位 恋も仕事もうまく両立したい!願いを叶える秘訣とは…?

ogushi Cal-mama(キャルママ)先生
【占術】
タロット、その他・オリジナル
【得意なジャンル】
恋愛総合、出逢い、あなたを好きな人、運命の出逢い





<悩み&先生を選んだ理由>
恋愛と仕事のバランスをうまく取れる人もいると思いますが、私の場合はどうもそれがダメで……仕事が忙しいと仕事ばかりに気持ちがいって。この人が運命の人かも!って思えるような出会いがあると、仕事が手に付かないほど恋愛に支配されてしまう。相談当時、気になる人が現れたので、どうしたらバランスが取れるのかを聞いてみることに。


<相談して印象深かったこと>
Cal-mama先生が言うには、私は「恋愛が上手くいきすぎると少し心配を感じてしまう」そうなんです。運命が動き出すときは大きなエネルギーが必要で、その変化を前にすると心配や不安を感じてしまうのだと。対処法は、ジャンプするイメージでした。高く飛び上がる前は不安だけれど、流れに身を任せて、頭で考えず、心を楽にして飛んでみる。ジャンプして見える景色を想像すると、不思議と不安は和らぎました!


<鑑定後の変化>
気になっていた人についても、私自身が前に向かって進むことでその人との距離が近くなっていくとのことだったので、その後は、どんなふうに距離が近くなるんだろうと楽しみながら過ごしています。12月12日の満月の日には、Cal-mama先生に教えてもらった呪文を唱えました! 祈るって、お願いごとをするというよりも、自分が何を望んでいるのか自分と対面することなんだって気づかせてもらいました。



\ Cal-mama(キャルママ)先生の鑑定の様子はコチラ/
40f0f66d





第1位 「す、鋭い……!」全部見通しの鑑定で指摘された恋愛の盲点

ogushi 胡桃 先生
【占術】
四柱推命、算命学、その他・オリジナル
【得意なジャンル】
恋愛総合、不倫、人生総合、運命・転機



<悩み&先生を選んだ理由>
「出会いはある」と言われているのに、なかなか恋愛が始まる気配がなく、私自身が見逃しているのではないか……と思い、胡桃先生に相談しました。以前、鑑定してもらったときに、まるで心を覗かれているような、自分でも気づかない自分に気づかせてもらうような、そんな鑑定だったので、胡桃先生ならまたきっと的確なアドバイスをしてもらえるのではないか、という期待もありました。


<相談して印象深かったこと>
相談開始すぐに「相手がいないことに本当に悩んでいますか?」と、核心を突かれました。恋がしたいと言いながらも、どこか面倒くささも感じていて──「何事においても、面倒くさいと思ってはダメですよ」と、鋭いアドバイス! その時の私にとって「面倒くさがらないこと」という言葉は一番響く言葉でした。


<鑑定後の変化>
これまで選んでこなかったタイプにも目を向ける、というアドバイスがあったので、鑑定後は今までだったらこの人のこと気にしなかっただろうな、という人を意識するように。とはいっても、長年の習慣はなかなか変えることが難しくて……。でも、これまで選んでこなかったタイプに目を向ける、それに気づけているかどうかが大事。今は1つ1つの出会いを楽しんでいます!



c2437def




いかがでしたでしょうか。


このコラムを担当していて感じるのは、占いは「あたる」「あたらない」ではなく、その時の自分自身の状況と鑑定結果をどう結びつけ、アドバイスとして受け取れるかということ。


悩みをどう解決すればいいのかヒントをもらえたり、気持ちを吐き出す場だったり、占いって身近なカウンセリングのような存在だと思うんです。


これからも素敵な先生の鑑定を紹介していきたいと思います。



2020年もどうぞよろしくお願いします。みなさま、よいお年を!






★タロットの先生はこちら
★古山エリー前回までの記事はこちら!


「トーク占い」とは?

占い師やカウンセラーの先生のLINEのトーク上で直接鑑定してもらえるサービスです。
利用料は業界最安値の1分100円~!
鑑定の終了はいつでもご自分で決定できるので安心です。

気になる占い師の先生を探して、気軽に悩みを相談してみてくださいね!

LINE「トーク占い」公式ページ
※LINEアプリがインストールされているスマートフォンでご覧ください。



古山エリー/Elie Furuyama
ライター&コラムニスト

四十路の独女です。都内でお一人様ライフをほそぼそと、でも楽しくやってます。ウェブサイトcinemacafeで「独女のたわごと」連載中。この連載に合わせたブログ「古山エリーのぷち“たわごと”」では日々のつれづれを“たわごと”として綴っています。